多少、峠は過ぎたと言ってもまだまだ蒸し暑い日々が続きますね。このところ雨が多く、外には干せないのでやむなく室内で干したら生乾きな上におかしな臭いがする、なんてことは多々あるんじゃないでしょうか。
 衣類から臭いが漂ってくるというのは、湿り気にあると言います。嫌な臭いというのは梅雨や雨の日など湿度が高い時期に発生しがちです。
 なら、嫌な臭いをいかに発生させないで済むか、ということになりますが、まずは「洗濯する量を少なくする」ことが必要で、これは洗濯機に入れる量を減らすことでは無くて、「洗濯ものを干す時に充分隙間があるくらいの量」ということです。空気の通りが悪く乾くまでに時間が掛かると雑菌が繁殖しやすく嫌な臭いの原因となります。ですから、扇風機なども微風にし部屋の戸も開けて循環を良くします。首を回転させて洗濯もの全体に空気があたるようにすると、洗濯ものの乾きも良くなります。
 せっかく洗ったのに、新しい衣類から嫌な臭いがするなんて憂鬱なものです。嫌な臭いからおさらばするためにも、扇風機を有効活用しましょう。ゼニジマくん.net